企業のネット副業への考え方

ネット副業はおろか不要に対しての企業の考え方は特に日本は否定的なものでした。複数の理由がありますがまずはなんといっても自社のノウハウが他社に流れてしまうことが1番です。もう一つ大きなポイントとして社員が、副業に注力することで本業に対する力を発揮することができない、時間をとられてしまうと言うポイントになります。 しかしながら、少しずつ時代が変わりつつあります。むしろ企業としても副業、さらにはネット副業を認めつつある時代になるからです。 理由の1つとしては社員のスキルアップにあります。大企業であれば大企業であるほど本業しか行っていなければ他社との競争が少なくなり、自分自身のスキルの向上が図ることができなくなるからです。ネット副業を営むことによって、企業の肩書をなくして一般の方々とスキルだけで勝負することができれば自分自身のスキルがどれだけ高いのか低いのか把握することができるようになります。 もちろんのことながら、就業規定の中で自社のノーハウを流出させる事はマイナスになりますし、本業に影響与えるようなネット副業を行う事は許されていないのは当たり前です。 さらに、企業として厳しい時代に右肩上がりに社員に対して給料を与えることが難しい状況になる中、自社にとどまってもらうためにはある程度ネット副業を解禁するほかないと言う事情もあります。 こうした環境変化に伴って従業員もネット副業を営むことができるようになりました。逆に社員は以上のことを踏まえてネット副業を望む必要があります。そしてコンプライアンスに反することなく営む必要があり、必要以上の収入があった場合には確定申告もきちんと行い、コンプライアンス違反がないようにしなければなりません。 そして、場合によってはネット副業を営むことによって最終的に自分自身が独立を果たしたいと考えればそれはそれも良いでしょう。企業はそのようなリスクも考えた上でネット副業解禁しているわけですから。基本的にはスキルを上げることができ、社会でも通用する人材を育てるために必要だと言う判断で良いと思います。 自分自身のスキルアップを図り、少しでも収入を増やすために副業に取り組む事は社員にとってもプラスに働くと思います。時間をマネジメントし、自分自身のスキルを社会で通用するかどうかを確認したいと言う思いがあるだけでも非常にプラスだからです。 結果的に組織としてパワーアップするのであればネット副業は間違いなくプラスです。

投稿日: