在宅ワークの考え方

在宅ワークは考えようになって非常にメリットが多い働き方など多くの方々が考えるようになりつつあります。
もちろん、職能によっては在宅ワークが不向きな場合もありますが、どのような場合にメリットがあるのか具体的に挙げていきたいと思います。
まずはなんといっても間接職能にとっては在宅ワークは非常に活用しやすい新たな働き方だといえます。経理部門や人事部門、総務部門にとっては書類でやりとりが終わる仕事であれば、あえて職場に出向く必要もありません。コミニケーションをとりながら、進める仕事でもないのであればテレビ会議程度で手続きの+ αの作業を終えることができるからです。もちろん、このような推進方法を確立するためにはルール、仕組み、決裁方法などが重要になってきます。しかしながら一度、プラットホームを作ってしまえば、後はマイナーチェンジを繰り返すだけで業務は円滑に進むはずです。業務として必要な場面だけ出勤し、後は社内の方々とオンラインのテレビミーティングや電子申請だけで仕事を進めればよいのですから。 
要するに社内で仕事を行う方々、社内の社員を相手に仕事を行う方々にとっては同じプラットフォームで業務を進めることができる以上どんどん在宅ワークを進めるべきだと思います。正直なところ仕組みが整っていない企業にとっても、初期投資である程度ルールを作ってしまえば短い期間で回収ができるはずです。それは交通費であり残業日であり要するに社内で仕事を行う方々、社内の社員を相手に仕事を行う方々にとっては同じプラットフォームで業務を進めることができる以上どんどん在宅ワークを進めるべきだと思います。正直なところ仕組みが整っていない企業にとっても、初期投資である程度ルールを作ってしまえば短い期間で回収ができるはずです。それは交通費であり残業費であり、あらゆる消耗費などで回収が簡単にできるはずです。
そして、実際に商品企画やマーケティング部門についても、一部社外とのやりとりが発生したとしても基本的には会議を在宅ワークでオンラインミーティングすることによってかなり効率化を図ることができると思います。場合によっては、社外でも気心が知れた企業とは同じプラットフォームでテレビ会議を行うことで効率化をさらに進めることができるでしょう。さすがに、デザイン部門などが細かく商品を見ながらでなければ、判断できない事はありますがそれ以外は問題なくテレビ会議で推進することができるはずです。

投稿日: