動画再生数を増やす方法

現在、最も高評価の高いソーシャルネットワークは?と聞かれて何と解答ますか。FacebookやTwitterなどの名前は多く挙がるでしょうが、YouTubeと答える人はあまりいないかもしれません。ですが、実のところはそうではないのです。最も活用者の多々あるソーシャルネットワークはおっしゃる通りFacebookかもしれませんが、それに次のがYouTubeです。他にも、YouTubeは親会社であるGoogleに次いで2番目に活用者の多々ある検索エンジンでもあります(参照文章はこちら。加えてYouTubeでは、動画を見るにしても、動画を投稿するにしても、あるいはその双方でも、あまり知られていないけれどもとても実用的なパフォーマンスが、実を言えば山ほどあります。例を挙げると、動画の字幕をYouTubeが自動で生成してくれるのをご存知ですか。

他にも、自動生成された字幕を自らで整える事で、より多くの人に動画を検索で見つけてもらえるようになります。あるいは、YouTubeを使用して写真のスライドショーを造作なくに製造し、著作権フリーのオーディオライブラリを使用して音楽を付ける事もできるです。誰かにYouTube動画を送るケース、特定の時点からリユースを開始させたいと思った事はないのですか。例を挙げると、LMFAOの「PartyRockAnthem」のミュージック動画を誰かに送って、共にダンスを練習しようと誘いたいと思ったとします。YouTubeのリンクを送って開始出来から復活し、3:39秒経過したところまで早送りしてもらうのではなく、3:39秒から一新が開始されるスペシャルなリンクを送る事ができます。そのリンクがこちらです。

参照になりましたか?動画が3:39秒から開始されましたね。このようなリンクの組み立て手法をご解説しましょう。字幕が自動で生成されるのをご存知でしたか。他にも、その字幕はユーザーが視聴者に対して非表示に設定しない限り、みんな手間なくに表示できます。このパフォーマンスが実用的な場面はいくつもあると考えます。例を挙げると、動画の文字起こしをやりたいけれども、動画を停止しては入力し、その上停止して入力していると、時がかかって仕方がないのです。あるいは、動画の特定の場面を探しているけれども、はじめからリユースし直すのは厄介だという事例もあります。字幕があれば、これらの作業に必要になる手間が全くなくなります。YouTubeも、その親会社であるGoogleも、動画の検索順位を決めるとき、それが何の動画かを決断するために数多くに要素を考慮します(参照文章はこちら:The12YouTubeRankingFactorsIn2016ForVideoSEO)。

その1つが動画の字幕です。それよりも肝心な要素が動画の解説文です。デジタルマーケティングコンサルタントのRyanStewartは、字幕のテキストを解説文に直接貼り付ける事をお薦めしています。動画に字幕を付け足しするには:YouTubeで動画を開くと、改修ボタンの下にいくつかのアイコンが一列に並んで表示されます。
 

投稿日: