YOUTUBEで上位に表示させるには?

意識したいキーワードの目途がついたら、そのキーワードでYouTube検索をかけ、トップ1〜10位に表示されている動画に如何なるものがあるか見極めします。検索で上位表示されている動画は、当該キーワードにおいてYouTubeの検索エンジンと視聴者の双方から評価されている動画です。これらの動画を注意深く見定めする事で、検索者がどれほどの意図、目的で情報をさがしているかを理解する事ができます。バランスボール 有酸素運動」というキーワードで検索をしている人は、単にバランスボールで有酸素運動をやりたいというニーズのほかに、脂肪を燃やしたい・ダイエットをやりたい=痩せたい、我が家で楽々に運動やりたい、体幹を鍛えたい、といういくつかのニーズがある事が理解いただけます。こうした情報をこれら制作する動画に入れ込む事で、このキーワードを使用する検索者のニーズを網羅するコンテンツを組み立てする事ができ、視聴者から高い評価を得る事ができます。

チャンネル管理者は会社か個人か、検証しましょう。万が一貴方の意識したいキーワードで上位表示されている動画が大会社が運営する巨大チャンネルによるものばかりの事例は、同じキーワードで競争する事は至難の技と言えます。こうした事例、キーワードを修正するなど、対策を講じましょう。万が一狙っているキーワードの上位に表示されている動画が1年前以上の事例、チャンスです!視聴者はオールドコンテンツより新しいコンテンツを好むからです
できるな限り、過去の動画に内蔵されていないような最先端情報を意識して含める事で、あたなの動画の付加長所を高めましょう。

意識したいキーワードで上位表示されている動画の長さの時価を理解して、動画企画のポイントにしましょう。一例を挙げれば、上位表示されている動画がみな10分〜15分である事例、同じような長さの動画を企画する事を意識しましょう。長い前置きや長い自己紹介など、トピックと結びつきない雑談は避けましょう。インターネット上では、視聴者は素早く自身の求める情報を見つけたり、直ちにに問題決着への解答を得る事を見込みしています。前置きが必須以上に長いと、視聴者の関心を持続させる事ができず視聴者が離脱してしまうきっかけとなります。

離脱率が高く視聴時の短い動画は、YouTube検索エンジンから低評価を受けるので、上位表示全うするという目標から遠ざかってしまいます。一番目の十数秒で視聴者の関心をちゃんとつかむ事が不可欠です。動画のイントロところは短めに、パンチを利かせてください。視聴者に今後の中身を手短に、かつ的確に伝える事が必須です。一番目の数秒で関心をゲット可能なかが勝負です。

 

投稿日: